バイク

雨の日のバイクで注意すべきこと5選

雨の日は危険がいっぱい

f:id:hojiro:20201204011249j:plain

雨の日はバイクを普通に乗ってる中で一番危ない場面の一つ。教習所でも雨の日の危険性は教えられるし、実際に雨の日に走って身をもって体感した人も多いと思う。

今回の記事は俺の「大雨と知りながら予約した以上行かざるを得なかったツーリングの経験」と「雨が降っていてもバイクで通わなければならない」という比較的雨に接した経験の多いライダーとしての注意点を書いていく。

まだバイクに乗ってなくても見るべき

まだバイクの免許を持っていない人も免許取り立ての初心者の人も見ると安全知識をある程度つけた状態でバイクに乗ることが出来るから見ると幸せになるから是非見ていってほしい。

めっちゃ見落とされる

f:id:hojiro:20201116234809j:plain

バイクは普段からでもサイズ感の違いで車から距離感を誤られたり交差点で見落とされやすいんだけど、視界の悪い雨の日はこれがさらに顕著になる。

特に雨の夜がやばい

f:id:hojiro:20201117000348j:plain

ふつうの雨の夜ならまだ大丈夫なんだけど、雨の夜は見落とされてる感が半端ない。

バイクは車と違ってテールランプが一つしかないから雨の夜の視界の悪さで車のドライバーが距離感を見誤ることが原因だと思う。

実際バイクに乗ってる俺も近くに行かないとわからないくらいだから、雨の夜は道のど真ん中を走ったりブレーキランプもしっかり光らせたり、普段よりも自己主張強めでいきたい。

ウェットな路面はかなり滑る

f:id:hojiro:20201204011426j:plain

これは教習所でも習う。急にブレーキをかけると結構すぐにタイヤがロックしてコケるから制動距離が延びるってことを習う。

ただ急ブレーキをかけることは滅多にないし、実は直線でブレーキをかけてもフロントタイヤがロックしない限りコケはしない

本当に危ないのが曲がるとき。たまにバイクが交差点でこける動画があるんだけど、それは雨が降ってる時とか降った後で路面がぬれてる状態のものがほとんど。

なんでかっていうと濡れてる道路で適当にアクセルをひねったりブレーキを掛けたりするとバイクは結構簡単にこけちゃうのが原因。

マンホールは特にやばい

カーブ中のマンホールは普段から避けて通るくらい危なそうなんだけど、雨が降ってる時はカーブでマンホールを踏むと驚くほどめっちゃ滑る

俺は一回雨の日に交差点のマンホールを踏んだんだけど、その時はちょっと滑ってコケる覚悟した。ギリギリコケなかったけど次あったらコケない自信ないから二度と踏まない。

エンジンブレーキでも滑る

最近のバイクについてるスリッパ―クラッチがあればなかなか滑ることはないんだけど、エンジンブレーキが強めに聞くバイクの場合、ちょっとミスるとすぐにリアタイヤが滑る

雨の日はカーブで曲がりながらギアチェンジするのは極力避けて運転したい。

視界が悪くなる

f:id:hojiro:20201204011611j:plain

車にはあるワイパーが実はバイクにはない(ないこともない)

車よりもバイクのヘルメットの方が風に当たってすぐ水が飛んでいくから小雨くらいなら全然問題ないけど、大雨の時は別。

建付けの悪いヘルメットだとシールドの間から水入ってくるし、低速走行だとヘルメットから水が落ち切らなくて前がガチで見えなくなる

ミラー・スモークシールド系は地獄を見る

本当にやばいのがミラーシールドとかの遮光系シールドをつけてるときの雨の夜。

夜だからミラーシールドは開けないと全く見えないけど、開けると雨が無限に目に入ってくる。雨を目に入れながら家に帰らないといけない。

正直この状態で走るのはかなり厳しいから、天気予報が雨の時に夜まで走る予定があるときはおとなしくクリアシールドにするべき

危険なのはもとより地獄を見るから絶対にお勧めしない

バイクも自分もドロドロになる

何気に走った後めんどくさいのがこれ。足を中心に体がびちょびちょになってバイクはリアタイヤ回りが砂だらけになる。

雨の日に走ったら洗車はほぼ必須。服についた砂は素材によってはかなりしつこくつくから取るのも面倒。後処理が多すぎるからすごくめんどくさい

カウルがついてたら多少マシになる

服に関してはフルカウルのバイクだと靴以外は砂がつくことはまずない。雨にもあまり濡れないから、雨に濡れたり砂でドロドロになるのが嫌いな人はフルカウルのバイクを買うようにすると、雨の日も比較的少ないダメージで乗ることが出来る

ただ洗車はしにくい

手と足がかじかむ

f:id:hojiro:20201126011743j:plain

寒い日だと普段からかじかむのは変わらないんだけど、雨が降ってると比較にならないくらい手と足が凍える。

手が凍えててもアクセル操作は結構簡単にできるんだけど、クラッチ操作がおぼつかなくなる

足に関してもブレーキはできるんだけど、ギアチェンジの時に足がシフトの上にあるのか下にあるのかわからなくなってシフト操作がワンテンポ遅れるようになる

その結果自分の思った通りにバイクを動かせなくなるからすべての動作が危険を帯び始める。思ってるより危ないから手足がかじかみそうになってきたらなるべく早く休憩をとるべき。無理は禁物

雨の日は難易度が高い

f:id:hojiro:20201017215601j:plain

いかがだっただろうか。

今回は雨の日のバイクで注意するべきことを記事にした。

雨の日は晴れてる時に比べてバイクに乗る上で色々と難易度が上がるから、自信がないうちは天気予報をしっかり見てバイクに乗っておきたい。というかベテランは大体、出かける前に天気予報の確認はしてると思う。

初心者のうちは雨の日は乗らないべき

免許取り立ての人は天気予報をしっかり見て雨の日に乗るのを全力で避けよう。初心者のうちはバイクの基本操作がそもそもおぼついてないから、今回の記事で書いた内容をすべてクリアしつつ雨の日のライディングをこなすのは正直キツイ。

雨の日に乗るのはできる限りバイクに慣れてからにしておきたい。

ほおじろ通信は毎日更新

f:id:hojiro:20201112043605j:plain

現在ほおじろ通信は3週間連続毎日更新を達成してる。毎日朝8時から9時の間に記事を投稿してるから気に入った人はブックマークをすることで次の記事も逃さず見てほしい。ブックマークをしてくれるとほおじろ通信的にも幸せになる。

-バイク

© 2021 ほおじろ通信