バイク バイクウェア

【バイクデビュー】バイクを買う前に絶対に用意しておくべき7つのもの

本当に必要なものは教習所では教わらない

教習所に必要なのはヘルメット、軍手、長袖長ズボン、各種プロテクタだけど、公道だとそれだけで走ってる人はまずいない。軍手とかまじでいない。

だから今回は、教習所では教わらないバイクで買っといたほうがいいものを紹介しようと思う。

バイクウェア

バイクウェアを一番上に持ってきたのは、今回の記事の中で唯一、事故って必要性を感じた時にはもう遅いものだったから。

読者の命は俺が守る。だからこれからも見て🥺

ジャケット

f:id:hojiro:20201109161901j:plain

実は頭部以外の死亡事故原因の半分くらいが胸部を打ちつけたことによるもの。

頭部に関して、死亡してるのは大体半ヘルとからしいからこのブログ見てるやつとは関係ない。

だからぜひ胸部プロテクターを装備して欲しい。

ライディングウェアの防風性能はピカイチ

あとは単純だけどバイク用のジャケットは防風性能が高かったりバイクに乗る上で邪魔になりにくくなってたりするから、ライダーならぜひ持っておきたい一品。

イチオシの革ジャン!HYOD ST-X Lite

俺はいつもHYODのST-X Liteっていう革ジャンをオススメしてる。これ「見た目」「性能」「コスパ」全部最高だから一考してほしい。

これは前書いたレビュー記事だから興味があったら読んでほしい↓

【バイクウェア】オールラウンダーな革ジャンHYOD ST-X Liteレビュー記事【かっこいい】

目次1 冬のバイクの味方2 防風&ふかふか3 秋から春まで長期に使える4 シルエットが細身でイケメン5  どんなスタイルにも合う無難な見た目6 お値段64,000¥(税抜)6.1 コスパは最高レベル7 ...

続きを見る

グローブ

グローブはジャケットと比べるとつけてなくて事故ってもそうそうは死なないらしい。

でも、人間は体が倒れる時反射的にまず手をつくらしいから、事故った時にグローブをしてないと手がミンチになるらしい

いや怖すぎ。

グローブの耐寒性能も重視

あと素手とかだと走ってて結構冷える。一回グローブはしてたけど寒すぎて手の感覚麻痺したせいで恐怖体験したから冷えるのは馬鹿にならない。

デイトナのオールシーズン用グローブ

自分好みのグローブが見つからない人のために、俺が最初つけてたDaytonaのグローブを紹介しとく。めっちゃ無難な見た目してて値段も他と比べると激安、しかもグローブつけたままスマホにタッチできる。

他に欲しいグローブが出来たらその時に買い替えれるから迷ったらこれ買っといたらいい。

【徹底レビュー】DAYTONA バイク用革グローブ、HBG-010 ゴートスキングローブ プロテクションタイプ【タッチ対応でおすすめ】

目次1 DAYTONA製タッチパネル対応バイク用革グローブ1.1 DAYTONA HBG-010はかなりおすすめの革グローブ2 価格2.1 これ以上安い中華品は注意3 本革レザーグローブ4 シックでス ...

続きを見る

ヘルメット

f:id:hojiro:20201017151934p:plain

ライダーの顔。

死亡事故原因、第一位の頭を守る最重要アイテムにして、バイクで公道を走る上で絶対に欠かせないアイテム。でもそれだけじゃない。

ヘルメットを選ぶには以下の点を気にするべき。

  1. 安全性
  2. 空力性能
  3. デザイン

そもそも自分の頭に合うかとか、安全性に関しての話は他の記事で無限にされてるから置いといて、ここでは空力性能とデザインに焦点を合わせる。

フルフェイスヘルメットの空力性能

まず空力性能に関してだけど、めちゃくちゃ大事。これが悪いと、風切り音のせいでインカムを通じての話が非常に聞こえにくくなる

こうなると高いインカムが必要になって結局金がいるから安物買いの銭失いになる。結構落とし穴。高速道路も辛くなるし。(インカムでの会話に上手く参加できずキツイ高速道路を走らされた過去が…思い出され…クーン…)

ちなみにSHOEIのフルフェイスが一番空力性能の評判が良さそう。

カッコいいヘルメットは正義

さて、次にデザイン、最早乗ってるバイクが何かと同じくらい大事だと思う。高いヘルメットを被ってるとそれだけで一目置かれる。

バイクっていうのは車と違って人がそのまま外に出てる。その特性上、バイクが最高でも半ヘルでも被ってたらネタにされるだけ。

どうせならいいヘルメットを

逆に原付でもいいヘルメットを被ってると安全意識が高いんだなと思われる。だからヘルメットはちょっと背伸びするくらいでいいと思う。バイクに比べたら屁みたいな値段だし、どうせならいいの買っとこう

サングラス

f:id:hojiro:20201112043605j:plain

スモークシールドの購入を考えてる人は見なくていい。

運転中にちらほら危ないと思うのが夕方の日光だ。ちょうど日光の方に走ると何も見えなくなる。まじ危ない。

こういう時、車にはサンバイザーがついてるからいいんだけど、バイクは両手離せない上にサンバイザーがない

経験しないとわからないかもしれないけど、スモークシールド買う気がない人はサングラスも買っておこう。

スマホ

f:id:hojiro:20201112043717j:plain

もう少し詳しく書くと、Google mapsが動いてバッテリー持ちがいいスマホが必要。

これは何故かっていうと、ナビがつかないバイクは基本的にスマホのGoogle mapsがナビ代わりになる(iPhone純正マップはすぐ高速道路に誘導するからやだ)。

バイクの上で働くスマホは劣悪環境

あとバッテリー持ちを重視してるのにも、バイクに乗っているとバッテリーの減りが早いという理由がある。

これはバイクの排熱でスマホがすぐに熱せられることが原因。あと夏とかは気温とかでもすぐ熱くなる。だからできる限りバッテリーが長持ちするものを選ぶといいと思う。

エネキー(ガソスタの決済ツール)

ンピッ…!!

これはガソリンスタンドで給油するときにワンタッチで支払いを済ませられる究極のツール。

バイクに乗って給油するときはグローブをしている状態なんだけど、現金で支払おうとするとグローブを一回とらないといけない。

「え、それだけ?」とか思うかもしれないけど毎回やってると意外と面倒な作業って気づく。クレカとか電子マネーでも財布を開ける手順があるとグローブ外さないとキツイ。

でもコイツは鍵につけることができるからその煩わしさを回避できる。給油するときは鍵を絶対外すからそのついでにワンタッチで終了。

まじで便利だから作ったほうがいい。

ツーリングマップル

f:id:hojiro:20201112043118j:image

地図とかスマホあれば十分やんけ!!!

それは絶対に違う。

ツーリングマップルは観光の名所とか、おいしいご飯屋とかも書いてあるんだけど、一番のいいところは道路に関しての情報が書いてあること。実はこれGoogle Mapsには絶対に書いていない。

大事な情報をピックアップするツーリングマップル

あと、必要な情報をいい感じに書いてくれているのも嬉しい。Google Mapsだとどうしても情報過多になって本当に見たいものを見つけるのに少し時間がかかってしまう。

ツーリングマップルはみんなにぜひおすすめしたい。最高。

最後に

今回紹介したモノは全部バイクを買ったらいずれ必要になる、もしくは絶対に欲しくなるもの。それに減るようなものでもないから早めに買っとくのが賢い。

かっこいいライダーとかっこいいバイク

バイクは車より目立つし、車より車体に対して人の占める面積も大きい。だからバイクはライダーがかっこよくあってこそかっこよくなるっていうのが俺の哲学だから、ライディングウェアには手を抜かないでほしい。

ツーリングマップルもすごいおすすめだから、暇があったら本屋で立ち読みしてみるといい。だっこしたら買っちゃう。まじで。

ほおじろ通信は毎日更新

f:id:hojiro:20201112043605j:plain

現在ほおじろ通信は2週間連続毎日更新を達成してる。毎日朝8時から9時の間に記事を投稿してるから気に入った人はブックマークをすることで次の記事も逃さず見てほしい。ブックマークをしてくれるとほおじろ通信的にも幸せになる。

-バイク, バイクウェア

© 2021 ほおじろ通信