バイク

【2021年最新版】俺が全力でオススメするジャンル別「最強」の250ccバイク

ほおじろ通信、ガチ推し250cc

f:id:hojiro:20201129115111j:plain

これからバイクに乗ろうとしてる人でまず候補に挙がるのがこの250ccバイク。

250ccバイクは車検に行く手間がなかったり、バイクとして扱いやすい排気量だったり色々と嬉しいことが多いのも特徴。

多すぎるラインナップ

ただ、250ccはその人気さゆえに車種が多すぎて正直何を買えばいいのかわからない人も多いと思う。

ただでさえ基本は一台しか買えないバイクなのに、教習所のCB400SFくらいしか乗ったことのない初心者が最高のバイクを見つけ出すのは少々難しいところがある。

初心者に超おすすめの250cc

f:id:hojiro:20201015140340j:plain

そんな中で今回は、250ccバイクに乗りながらバイクの最新情報をひたすらチェックしてるバイクオタクの俺が、初心者向けにジャンル別の最強のオススメ250ccをチョイスした。

この記事に書いてあるバイクは乗っても絶対に後悔しないものだから、少しでも参考になればうれしい。

 

フルカウルスポーツ(SS)部門

性能の見た目もイケメンなバイクたちが揃うのがここ。バイクをスポーツとして楽しみたいならSSかオフロードのどちらかにしよう。

ZX-25R (Kawasaki)

zx-25r

引用:kawasaki-motors.com

これは俺が全身全霊を持ってオススメしてるバイク。250ccの現行車で乗れる唯一無二の四気筒モデル

SSが好きな人はとにかくZX-25Rを買っておけば問題ない。「あっちにしておくべきだった」という気持ちにはまずならないのがこのバイク。

何でこれをチョイスしたかというと

  • 四気筒特有の排気音の良さ
  • 出力特性、車体の作りからくる安定感
  • めちゃくちゃ楽なポジション

っていう、攻めれば速いくせにツーリングも余裕でこなせる隙のなさを持っているから。

あと、エンストしにくかったり足つきがよかったりする点も初心者に嬉しいところ。初心者が乗っても初心者とバレずにかっこよく乗りやすいから、初心者丸出ししたくない人にもおすすめ。

ZX-25R用マフラーのまとめ記事がコチラ

今あるZX-25R用のマフラーを網羅して少しずつ解説しているから、すでにZX-25Rを持っている人はぜひ読んでみてほしい。

【最強の一本はこれだ!】Kawasaki ZX-25R用フルエキ全10選【社外マフラー】

続きを見る

CBR250RRも選択肢

cbr250rr

引用:honda.co.jp

ただ、現在の最強最速250ccは多分こっち。CBR250RR。

何でかっていうと、ZX-25Rは速く走ろうとすると常にエンジンを回しに回して高回転を維持しないといけないんだけど、CBR250RRに関しては低回転からでもガッツリ加速できるから多少下手でも速く走れるっていう利点があるから。

自分がどっちを求めているのかをよく考えて購入しよう。

CBR250RRのマフラーまとめ記事はコチラ

【前編】CBR250RRの社外マフラーを徹底まとめ【最強の一本はコイツだ】

続きを見る

ジクサーSF250 (Suzuki)

ジクサーsf250

引用:suzuki.co.jp

上で紹介した二車種はスポーツ走行を大きく視野に入れたモデルなんだけど、ツーリング向けとして最高なのがこのジクサーSF250。

その良さは

  • 1リッター辺り40kmの圧倒的燃費
  • とにかく疲れにくい乗車姿勢
  • めっちゃ安い(税込481,800円)

お財布に超優しいくせに見た目もいいし乗りやすいのがこのバイク。正直サーキットとか興味ないっていう人はこれを選ぶのが◯。

どっちもピンとこない人

「ZX-25Rまでは要らんしジクサーSF250も安すぎる…」という人とか、純粋に顔が好きとかの理由がある人は、Ninja250とYZF-R25も選択肢に入れてみよう。ちょうどいいモデルが見つかるはず。見た目が好きなら外車もアリ。

逆に言えば特に理由がないならZX-25RかジクサーSF250のどっちかにしておいた方がいいと思う。

アメリカン部門

オシャレな方向性のイケメンバイク。非バイク乗りからも人気が高いからモテたい人にもオススメ。

Rebel250 (HONDA)

f:id:hojiro:20210506005822p:plain

引用:honda.co.jp

言わずと知れたHONDAの超人気アメリカンRebel250。

なんといってもまず目を惹くのがそのスタイリング。見た目が大事なアメリカンバイクでとにかく見た目がいい。

何気にエンジンが元はCBR250R(スポーツバイク)のものをアレンジしたものを積んでるから走行性能も高いのも特徴。

Rebel250のマフラーを網羅

こっちの記事ではコイツのマフラーを徹底的にまとめた。結構な数はあったんだけどすべてまとめたつもりだから、この中から自分のお気に入りのマフラーを探してみよう。

【全13種】HONDA Rebel250の社外マフラー大図鑑【一覧形式で徹底まとめ】

続きを見る

ドラッグスター250 (YAMAHA)

ドラッグスター250
引用:yamaha-motor.com

Rebel250でもまだ迫力が足りないという人にオススメなのがドラッグスター250 。

ただ、すでに生産終了してしまっているから、新車が非常に少なく中古しか選択肢がないのが玉に瑕。

とにかく大きい

このドラッグスター、傍から見れば完全に大型バイク。Rebel250の唯一の弱点であるエンジンの透け感もない上にローでロングな車体はバイクを知らない人からすれば「これなんで大型じゃないの?」の一言に尽きる。

250ccだけどザ・アメリカンバイクが欲しい!という人はコイツにしよう。

ネイキッド部門

バイクもだけど乗り手のイケメン率が高いような気がするネイキッドバイク。

ただ、250ccのネイキッドは数が少ないから、400ccまで買えるなら400ccも選択肢に入れるとより選びやすいかも。

CB250R

cb250r

引用:honda.co.jp

ネオクラシック的なデザインをしていてイケてる。

価格もお手軽で「見た目もかっこいいのがいいけどお財布に優しくありたい…!」って人にはかなりいい選択肢になりそう。

CB125Rっていう125ccのモデルもあって、それもかっこいいから一回見てみてもいいかも。

SVARTPILEN 250

SVARTPILEN 250

引用:husqvarna-motorcycles.com

今回紹介する中で唯一の外車

本当は外車は紹介する気なかったんだけど、見た目が美しすぎるから紹介した。

コンパクトに収まったシートに、高級感あふれるエンジン周り。加えてトラスフレームととにかくカッコいい。

外車だけど最近はちょいちょいディーラーもあるから整備もある程度は安心できる。

ストファイ部門

漢、ストファイ。ムキムキ剥き出しなデザインにスポーティな要素も加わったストリートファイター。

MT-25

f:id:hojiro:20210508131941p:plain

引用:yamaha-motor.com

顔がいい。YAMAHAの細目ポジションライトは反則。

R1とかR6も正直のところこの細目に惹かれて買った人が大半だと思う。

そんな中MT-25は250ccで唯一YAMAHAの細目を持つモデル。この独特でYAMAHAっぽいデザインが好きな人におすすめ

ジクサー250

ジクサー250

引用:suzuki.co.jp

ジクサー250は最初にフルカウルスポーツ部門で紹介したジクサーSF250のストファイバージョン。

SF250と同じで圧倒的な燃費を誇ってる上にSF250より価格も安い。

総じてスズキのバイクはお財布にやさしいのがとてもいいところだ。

モタード、オフロードバイク部門

バイクでスポーツをしたい人へのもう一つの選択肢。

ただ、オフロードだと250ccはデカイ方。初心者の人は125ccとかのモデルを選んだ方が吉。

あと車体がデカイから250ccとは思えない迫力を持ってるのも特徴。

SEROW

serow

引用:yamaha-motor.com

セローはかなり昔からあった名車中の名車。

オフロードバイクでは珍しい足つきがある程度いいモデルで、使いやすさを求めたうえで林道も走りたいならかなりオススメなモデル。

ただ、セローもちょっと前に生産終了になってしまって新車が手に入りにくいのが残念なところ。

Dトラッカー

dトラッカー

kawasaki-motors.com

Dトラッカーも実はすでに生産終了してる。

でも、これもいいバイクでセローよりはスパルタンな味付けをされているのが特徴。

WR250ほど高性能は求めていないけどセローだと物足りない人にとってもおすすめ。

あと、何気にスタントバイクにも人気のあるモデルだから、スタントの方向に興味がある人は選ぶと幸せになれる。

アドベンチャー部門

今回紹介する中で最も車体がデカいのがアドベンチャーモデル。

バイクに乗らない人だけじゃなくて、バイクに乗っていてもアドベンチャーをあまり知らない人もぱっと見で大型バイクと勘違いさせることができるくらいデカい。

「ツーリングとか旅が好きで、バイクとどこまでも行きたいけど扱いにくいのも嫌」っていう人にはかなりオススメ。

CRF250 RALLY

crf250 rally

引用:honda.co.jp

ホンダのアドベンチャーシリーズで一番小さいモデル。上の上にはかの有名なアフリカツインがいる。

エンジン、車体、足回りはCRF250LっていうHONDAのオフロードモデルと共通。

同じやんと思うかもしれないけど、タンクが大きかったり細かいところでツーリングに特化した能力があるのが特徴。

旅の相棒としてはめちゃくちゃ心強い一台になる。

Vストローム250 ABS

vストローム

引用:suzuki.co.jp

スズキのアドベンチャーVストローム。丸目かわいい。

公道で一番見るアドベンチャーがこれだと思う。

車体が大きいから身長が高い人も違和感なく乗ることができる。慎重高いけど250ccバイクに乗りたい!っていう人ににも超おすすめ。

あとカワサキのVersysっていうのもあるからアドベンチャーが好きならのぞいてみよう。

始動、ほおじろ通信公式Podcast


実はほおじろ通信には公式のPodcastがある。

内容は基本バイクのニュースを追うもので、バイクに関する最新情報とかを週次で配信してるから、バイクが好きな人とかほおじろ通信のラジオを見たい人はぜひとも聞いてみてほしい。

-バイク

© 2021 ほおじろ通信