運営

【SEO】俺がブログをはじめて最初の20記事で検索上位に食い込んだワケ【徹底解説】

ブログのSEO

現在、この記事を書いている当時の日時は11月24日。

そんな中で19記事目の【最強の一本はこれだ!】Kawasaki ZX-25R用フルエキ7選【社外マフラー】という記事が検索ワード「ZX25R 社外マフラー」上位4位に食い込んでいる

【最強の一本はこれだ!】Kawasaki ZX-25R用フルエキ全10選【社外マフラー】

続きを見る

ブログ自体は初めて一か月ちょっと

最初

俺はこれまでブログは一度もしたことがない。正確には二記事だけ書いて闇に葬ったブログがあるんだけど、これは昔だしほぼ何もしてないからノーカン。

だからブログに関しては執筆はあまりしてなかったんだけど、もともとネット記事は無限に読んでいられる性格でSEOの知識だけは無駄に大量に蓄積してた

今回はそのブログをゼロから初めて一か月ちょっとで検索上位に食い込ませたときに何をやったのか、知識と経験をもとに徹底的に解説していこうと思う。

最初はなかなか表示されない

まず大前提なんだけど、ウェブサイトは開設当初は誰にも全く見られない。ブログを始めたのはいいけど誰にも見てもらえなくて心が折れかけた末にこの記事にたどり着いた人も少なくないと思う。

当然ブログは発信する筆者と読者がいる性質上見られてないと意味ないし、モチベーションの維持もだんだん困難になってくる。

これが最初が苦しいといわれる所以。

なぜ表示されないのか

なぜ

これははじめたてのウェブサイトはそもそもGoogleの検索結果に乗らないという原因がある。

検索結果に乗らないということは、読み手に見てもらうためにはSNSを使ったり友達にURLを見せたりしてURLから無理やり入ってもらう必要がある

はてなブログとかアメーバとかのブログだとそのサイト内の他の記事におすすめみたいな感じで表示されるからその限りじゃないけどそこからの流入は少ない。

解消するためにはGoogleに認知してもらう必要があるんだけど、それにはGoogleにインデックスという行為をされないといけない

下に書いてあることを実践すればすぐにインデックスしてくれるようになるだろう。ちなみに俺は一週間しないくらいでインデックスされ始めた。

Googleにインデックスされる

f:id:hojiro:20201015140340j:plain

まず検索結果に乗らせるためにGoogleにインデックスをされなきゃいけないんだけど、インデックス自体はGoogleが自動でやってるから待つしかない

ただ、インデックスされやすくなる方法はあるからそれを少し解説しようと思う。

リンクで囲い込む

Googleが何を使ってそのインデックスしてるかっていうと、クローラーっていうものでしていってる。

クローラーはリンクをひたすら押しまくって突き進んでるらしいから、クローラーが自分のブログに訪れたときに他の自分の記事のリンクで囲い込んで大量にインデックスしてもらいたい

漁業と同じ。クローラーを徹底的にいじめつくす。

Google Search Consoleに登録する

Google Search Consoleに登録するとGoogleに直接インデックスを催促することができるようになる

クローラーくんは多少気まぐれなんだけど、直接催促すれば高確率でインデックスを得ることができるからぜひ登録しておこう。

多分これを知ってるかどうかでSEO対策に雲泥の差が出る。俺がブログを運営する中で一番効力を感じたところだ。

というかこれはほぼ前提みたいなもので、インデックスされてなければいかなるSEO対策もほぼ無価値

追記:なんか11月25日現在、「現在、インデックス登録リクエストの受付は停止しています」とか出てGoogle Search Consoleに催促できないみたい。かなしい。

問題があっても教えてくれる

もし、何らかの理由でクローラーくんが来た時に「このサイトはインデックスできんわ」みたいに判定されたらインデックスしてくれなくなる。

そういったときにGoogle Search Consoleの機能を使えば原因を教えてくれる。

原因を教えてくれればあとはそれに対して対策を打つだけ。変な理由でせっかくのインデックスの機会を逃すことは絶対に避けておきたい

検索上位に食い込ませる

上のことが出来てインデックスさえできれば数多のブログに書かれているSEO対策を実践していけるようになる

インデックスされているということは既に読者がGoogleの検索からブログに辿り着けるようになっているということだから、後はいかに読者に自分のブログを開いてもらえるかが重要になってくる。

Google Search Consoleに登録する

Google Search Consoleには何回Googleの検索に表示されて何回クリックされたかっていう情報が載ってる

クリックされた合計数を検索で表示された数の合計で割った数がCTFっていうんだけど、大体それが1-2%以上ならいい感じっぽい。別に低くても問題ない。

基本的にこの機能で自分のSEO対策が正しく行われてるかを確認するから、Google Search Consoleだけは登録しておこう。

数多のSEO対策を徹底的にする

SEO対策は鉄板のキーワードとかインデックスとか色々あるんだけど、最も有効なのがSEO対策のブログを読み漁って王道の対策から信憑性の薄いものまで全て実践してしまうこと

これは何でかっていうと信憑性の薄いSEO対策は効果がある可能性とない可能性があるだけで逆効果になる可能性がないから。

要はどのSEO対策が効くのかわからないけどデメリットはないなら物量で押し切るのが最善ってこと。労力は確かに増えるけどしっかりと結果が出てくるからやって損はない。

これならブログを長くやってSEO対策に長けてるような人と同じかそれ以上で戦うことができる

キーワードを吟味する

これもSEO対策の一つだと思うんだけど、とりわけ大事に感じたから特別に書いた。

キーワードの吟味っていうと難しいけど、ようは見たい人はまあまあ多いコアなジャンルのもので、他の人にまだ書かれていないような記事が望ましい。

ただこういうキーワードは探すのが難しいから、普段から考えておく思いつくかもしれない。

思いついたキーワードは一回キーワードプランナーとかaramakijakeとかに入れてみて行けそうだったら書いてみるとかで何回か試行錯誤したいところ。

意外と自分の好きなジャンルでちょっとコアな話だと書かれてないことが多いから探してみるといい。

俺の記事もキーワードの選定が大きい

【最強の一本はこれだ!】Kawasaki ZX-25R用フルエキ7選【社外マフラー】は他にZX25Rのマフラーのまとめ記事を書いている人が誰もおらず、完全に寡占状態だったから、ZX25Rのオーナーでカスタムを考えている人からかなり見てもらいやすくなった結果上位表示につながったと思われる。

SEO対策は馬鹿にならない

なんやかんやいってもSEO対策はブログ運営の上で最強の武器になることは間違いない

よく、とりあえず100記事かこう!とか書いてるところを見るけど、実際100は書かなくても適切なSEO対策をしておけば上位表示にこぎつけると思う。

俺のブログは開設したてのURLでドメインパワーも皆無に等しいけど、それでも上位表示される記事を書くことはできた。

この記事を見た人はこれを機にSEOに対して考え直してみるのもいいと思う。

-運営

© 2021 ほおじろ通信