バイク

【フルバンクとは?】バイクのバンク角の限界はどこまでか考えてみた

そもそもフルバンクとは?

フルバンクとは、バイクのバンク角で最も深いところ。また、走行中のバイクを寝かせてグリップを完全に失わない限界の角度のこと。

フルバンクなんてすることはなかなかないんだけど、この角度を知っておくことで安全運転にも繋がるし、精神的な余裕も持てるようになるから、ぜひ今回の記事でぜひ理解しておきたい。

バイクにバンクは必須

f:id:hojiro:20201017152802j:plain

バイクは傾けて曲がる乗り物って言われるくらいバイクとバンクは切っては離せない関係にある。

実際、スクーターでもクルーザーでも、NIKENみたいな三輪のバイクもそのすべてがバンクをして曲がる構造をしてる。

バンク角の限界が知りたい

そんなバンクで気になるのが一体どれくらい傾けてもいいのか。安全運転をする上でもこれ以上傾けるとコケる限界は把握しておきたいところ。

速く走りたい人はなおさら知っておくべきのが最大バンク角。

今回はそんなバンク角の限界を見たうえでどうすればバンク角を引き出せるのかを考えてみたから最後まで見ていってほしい。

最大バンク角は一般的に55°(公道用スポーツタイヤ)

f:id:hojiro:20201225165701j:plain

https://dunlop-motorcycletyres.com/products/radial/sportmax_q4.html

これはダンロップのSPORTMAX Q4のページなんだけど、これによると一般的なスポーツタイヤのフルバンク時のバンク角は55°程度

これ、普段そこまで攻めない人からしたらめちゃくちゃ余裕がある。というか攻めてる人もこの角度まではタイヤ的には安心して倒せるからガッツリ倒していこう。

SPORTMAX Q4は脅威の62°

上のURLを開いた人は見たと思うんだけど、DUNLOP SPORTMAX Q4は脅威の62°までバンクできる

ここまで来ると肘すりにチャレンジできるくらい。

ここまで倒してる人はなかなか見ないものの最大バンク角はこのくらいあるらしい。

DUNLOPしかバンク角についての言及がなかったからSPORTMAXを書いたんだけどDUNLOPが特別ってことはないと思う。

他のPirelliとかブリヂストンのフラッグシップモデルもそれくらい倒せると思うから、自分のタイヤがそのメーカーのどれくらいに位置してるのかを見て大体で判断しよう。

最大バンク角は乗り方でも変わる

f:id:hojiro:20201015140340j:plain

ここからは最大バンク角をいかにして引き出すかを主眼に置いて話していく。

大まかな最大バンク角を引き出す要素が

  • アクセルは一定
  • タイヤは温めて
  • 曲がる方向に体重をかける
  • 道も選ぶ
  • タイヤの皮むきは済ませて

となる。一つずつ詳しく見ていこう。

アクセルは一定

f:id:hojiro:20201129114418j:plain

教習所でも教わったと思うんだけど、コーナリング中はアクセルは一定にしておくとタイヤのグリップ力を遺憾なく発揮できる。

これは大きくバンクしたコーナリング中にアクセルを捻ってしまうと、リアが滑る可能性があるから。あんまりテキトーにやるとハイサイドで大事故になる可能性があるからできる限り一定にしておきたい。

まずは浅いバンク角でアクセル一定で曲がる練習をして慣れてきたら少しずつバンク角を深めていこう。

タイヤを温めておく

f:id:hojiro:20201113183110j:plain

タイヤは温度でグリップの良さが変わる

その温度は低すぎても高すぎてもダメなんだけど、公道を走る分にはタイヤの温度が上がりすぎてグリップが下がるような状況はまずない。

基本的にはある程度普段通り走っていると適度に温まるから、走り始めてすぐコーナーを攻めるみたいなことはやめた方がいい

温度はタイヤの中の位置で異なる

こだわる人はここまで考えておきたいところ。

直線を走っているだけだとタイヤの真ん中しか温まらず、バンクした時に肝心の端っこが冷え冷えのままになってしまう

これは徐々にバンク角を増やして端まで温めることで解決できるから、最大バンク角に挑戦する前に少しずつバンクをさせていこう。

曲がる方向に体重をかける

f:id:hojiro:20201113184023j:plain

俗に言う荷重移動の一種。体重を旋回方向にかけることで安定して曲がることができる。

簡単にメカニズムを解説すると、曲がる方向に体重をかけることでタイヤの端っこを潰すことができる。タイヤを潰すと接地面が大きくなるから安定して曲がれるという感じ。

グリップが少ない雨の日とかでも比較的安全に走れるようになるから、安全運転にも応用が効く。ぜひ習得しておきたい。

やり方

体重のかけ方はいくつかあって

  • ステップを踏み込む
  • 足でタンクを内側に押す
  • カーブの内側に体を入れ込む

といった感じ。

この中でステップを踏み込むのは安全運転に応用しやすいから習得していない人は練習してみよう。ステップを踏み込むとバイクを倒し具合より大きく曲がることができる。

カーブの内側に体を入れ込むのはハングオフ(ハングオン)っていう技。これは速度が高いときに使う体重のかけ方で、低速時はむしろ危ないからやめた方がいい。

道を選ぶ

f:id:hojiro:20201113001907j:plain

公道でやろうとしてる人に対してなんだけど、道を選ぶことが何気にかなり大事。

フルバンクを引き出すのに最も良い道の特徴は

  • 見通しがいい
  • デコボコがない
  • 長めなカーブ
  • 交通量が少ない
  • 逆バンクになっていない

ところだ。

デコボコと逆バンクは難易度が高くて危ないからできるだけ避けるべき。(逆バンク:曲がる反対方向に傾斜がついてる道)

見通しとカーブの長さはよりバンクに集中するため。

コーナーの出口を見ながら走ることで安全が確保されてより走ることに意識を割くことができる。

カーブが長いと試しながらバンクしていけるから比較的安全に挑戦することができる。

交通量が少ないところは最悪コケたとしても自損に抑えるため。そもそもコケそうだと思ったら挑戦するべきではないんだけど、転ばぬ先の杖ということで交通量は少ないところを選ぼう。

ムリは禁物

f:id:hojiro:20201015135702j:plain

いかがだっただろうか。

今回はバイクのバンク角の限界についてとそれを引き出す方法について記事にした。

より傾けて問題ないタイヤなら安全なマージンも大きいし、より傾けられる技術があれば安全な運転にもつながる

ただしムリは禁物。コーナリング中の事故はハイサイドだったり大事故になるものがちょくちょくあるから、しっかり安全に配慮した上で集中して挑戦したいところ。

ほおじろ通信は毎日更新

f:id:hojiro:20201112043605j:plain
現在ほおじろ通信は3週間連続毎日更新を達成してる。毎日朝8時から9時の間に記事を投稿してるから気に入った人はブックマークをすることで次の記事も逃さず見てほしい。ブックマークをしてくれるとほおじろ通信的にも幸せになる。

最近忙しくて変な時間帯になってるのはごめん。

-バイク

© 2021 ほおじろ通信